焼肉屋での集客、メール販促をお考えならピーカチ

サイトマップ お問合せ 
携帯販促 成功事例
オフィシャル
サービス
製品案内
導入事例
会社案内

トップ
携帯販促成功事例 P+KACHI NEWS > NO.45 天山閣プラス脇町店


P+KACHI NEWS

P+KACHINEWSは、携帯販促サービス「ピーカチ」を導入頂き、携帯会員の獲得からメルマガの配信、携帯ポイントの
発行など実際に携帯販促を体験して頂いている現場のご担当者様に、効果的な販売促進方法や来店促進方法など
インタビューさせて頂き、記事にしております。

携帯販促は導入後の効果測定が一番の重要ポイントとなります。
本ニュースにて実際のプロモーション手法やキャンペーンの内容、販促メールの内容に至るまで、
実際にどれくらいの効果があったかをご覧頂き導入をご検討いただければと思います。
モバイル販促を導入することでの販促経費の削減はもちろん、アンケート調査を行うことの重要性、
リピーター獲得による売上げアップへのマル秘集客術などモバイル販促成功事例から失敗事例まで包み隠さず
公開されております。
インタビュー内容はそのままを記事として掲載している為、一部読み難い箇所もありますが、予めご了承ください。

今回のピーカチニュースは現在ピーカチを徳島県、香川県、兵庫県の7店舗で導入頂いております株式会社ふじやの
部長新田様と天山閣脇町店の店長庄司様に、弊社船本が取材をさせて頂きました。



天山閣プラス脇町店
新田 広城 部長・庄司 博 店長


ピーカチはお客様に喜んで頂くためのもの
リピーター獲得による顧客満足度と従業員満足度の向上

チェーン店ならでの強みを活かした
ベンチマークによる上手な会員獲得の手法


━現在ピーカチを導入して半年、モバイル会員さんを約1300人持っておられますね。
席数と月間の来店人数を考えての会員獲得率をお伺いしてもいいですか?

席数が104席。月の来店人数を考えて、導入してからの会員獲得率は平均で20%くらいですかね!

━では、モバイル会員獲得の秘訣を教えてください。

会員獲得の秘訣は、まず従業員側の理解と取り組み方だと思いました。
なので、従業員に「ピーカチの良さ」を伝え、みんなでその良さを分かった上で「お客様に良さをどう伝えていくか」というのを従業員全員で考えました。
社員は僕1人なので、主にはアルバイトさんにメインになってもらって一緒に考えました。


━素晴らしいですね!具体的には?

「ポイントがたまるとお好きなクーポンと交換できるメリットがあるということ」まずこれは大前提として、さらにお客様に喜んで頂く為には、やっぱり従業員が質問された時に明るく楽しく答えられるようにしておかないといけないので、そこをどうするか、など話し合いました。
一緒にピーカチを導入したうちの他の3店舗にはどうしても負けたくなかったので、その気持ちをバネにして、ミーティングなどでアルバイトさんと何回も話し合っていきました!笑
うちはアルバイトさんの力が本当に大きく支えになっていますね!


━ミーティングはどんな感じで行われたんですか?
またスタッフさんの反応はどうでしたか?

スタッフも今まではあまり分かっていないのが現状で、正直「面倒くさい」というのがあったんです。
そして立地条件でいうと、うちは本当に山奥の田舎なんです…笑
だから「中心部の系列店ではこんな風に使っている、それによってこういう結果がでている」など説明して、じゃあうちの立地や客層だったら、どういう風に使えるかなどを話し合いました。
また、数少ないですが「高校生をいかに獲得するか?」などアイディアを出し合いましたね!
高校生もいずれ大人になるので、未来を考えての囲い込みの戦略です!笑


━そうですか〜。モバイル会員を獲得する際に気をつけていることは何ですか?
お忙しい時間帯がどうしてもあると思うのですが…

渡し忘れを必ずなくすことですね。
ファーストの時におしぼりと一緒に提供しています。
そうすることで渡し忘れは全く無いですね。
これもミーティングで決めたことなのですが、始めはお客様がゴハンを食べられている中間に説明しようって事になっていたんですけど、それを始めに持っていくことで獲得率もあがりましたね。

うちの会社はチェーン店だから、一番上手に獲得しているお店の、一番良いやり方をベンチマークするっていう場が会議であるんですね。
各店舗でのミーティングも大事ですが、それ以外でも他社や他店さんから学んだ事を、いかに自分のお店のものにできるかっていう所で取り組んでいますね。
部門会でも「うちは絶対メール会員で一番をとる!」という目標を会議で発表するんです。
それで一番になることの楽しさ・喜び・達成感なども味わってほしいと思ってます。
一番になったから何かあるというわけではないんですけどね!笑

単純に他の店長に負けたくないし、会員獲得は「気持ち」も大きいと思いますね。
必ず達成する目標数字をたてて、それに向かってどこまで自分を持ち上げていくかだと思いますね。


━そうですね。年配の方にはどのように対応したのですか?

年配の方は「会員になりたいけど分からない」という方が多いので、代わりにやってあげています。
各スタッフが自由になる時間をいかに見つけて、そのお客様の所に行くかっていうのは考えさせるようにしています。


━初回会員登録時のスピードくじは60%になっていますね!
「当たり」は何を差し上げているんですか?

本日のご飲食代金から500円値引きです。
お客様も当たりがでたことを喜ばれて見せてこられます。
「当たり」を多くすることで第一印象がよくなると思うので、パーセンテージもあげていますね。


━ポイントカードを配布しているのはスタッフさん全員ですか?

はい、全員です。
マニュアルは作っていないですが、テーブルにおいているA4のPOPから「まず自分が理解して自分が言いやすいように言ってね」と全員に教えています。


━さすがですね♪では、新田部長にお客様役になって頂いて、実際に渡す時のトークをお願いします☆

「本日はご来店ありがとうございます。こちらメール会員の募集をしておりまして、ポイントがたまると(POPを指して)このようなクーポンと交換して頂くことができます。
ぜひ入会して頂きたいのですが、よろしいでしょうか?」


「えっ??それって得するの??笑 」

「はい!毎回ご来店頂いた際に100ポイントたまっていきまして、ポイントがたまると、最終的には3000ポイントで78品目の食べ放題がお一人様無料になるんです!ご登録頂けませんか?」

「ふ〜ん!どうやってやるの??」

「はい!こちらのQRコードにアクセスして頂いて本文にこちらの12桁のナンバーを打ち込んで送信して頂ければ、メールが返ってくるので登録できます!」

「へぇ!じゃあやってみるわ!」


━楽しそうにやって頂いてありがとうございました☆
お客様が席に座られて、おしぼりを持っていき、食べ放題の説明をする時に、一緒にこんな風に説明するんですね。

そうですね!また、中間でも「メール会員の登録はできましたか?」という形で再アプローチしますね!
もしできていなかったら「代わりにやりましょうか?」とお手伝いしますね。


━うんうん!それは良いことですね!では、新田部長にお伺いします!
モバイル販促のピーカチを初めて兵庫で導入して頂いて約4年になりますが導入しようと思って頂いたキッカケは何ですか?

そうだね!
導入しようと思ったのは、自分自身が色んな飲食店やアパレル店に行った時にメール会員を利用していたので、やってみる価値はあると思って導入しましたね!
導入してから思ったのは、こういうシステムを知らない方は、従業員を含め全く知らないし、逆に知っている方は色々と駆使してお得な情報を得ているなぁと感じましたね!
このシステムをどうにか広めていって、せっかくだったら、うちのお客様にはやっぱり得してほしいし、お店側としては常連さんになってほしいと思いましたね!

今まではアナログ式でスタンプカードみたいなものでやっていたんだけど、これからは携帯の時代だろうと思って導入しました。
スタンプカードは、「なくしてしまった」というお客様がたくさんいるので、そういう場合は無効で最初から貯めないといけないんですよね。
携帯をなくす方はほぼいないと思いますし、ピーカチはアドレスにポイントがたまるので、そういう意味で一石二鳥だなと思いました。


━4年前と今とで何か変わりましたか?

システムも色々と新しくなって、リピーターに必要なアフターフォロー対策なんかもよく使えるようになりましたね!

━長いお付合いを頂いてありがとうございます!
モバイル販促のピーカチを使ってよかったなと思ったことは何ですか?

まず従業員やアルバイトさん側に良かったのは、ピーカチみたいな便利なシステムがあるっていうことを伝えることができたことですね。
そしてお客様側にとっては、紙のポイントカードを全部やめる事ができたし、お勧めしてピーカチ会員に入会して頂いたお客様が「得」をするという仕組みになっていることも良かったですね!
急に来たお客様がいきなり得をするのではなくて、足しげくにお店に通って頂いたお客様が得をするようになっているのが良いと思います。
そしてそれが忘れることのない携帯と結びついているのも良いと思います。


━庄司さんはいかがですか??

お店側が思った時にすぐにお客様に伝えることができる点が一番の利点ですね。
DMだと構成や作成に何時間もかかるし、費用もかかるし…。
今はDMもご来店のお礼のハガキくらいにして、後はピーカチに切り替えることができましたね。


━そうですか〜。よかったですね!
では、実際に会員登録されているお客様の年齢層を教えてください。

30代〜40代くらいの方が一番多いですね。
うちは本当に山奥なので、若い方はあまり来られないんですよ!笑
比率は女性が6割、男性が4割くらいですね。


━モバイル販促のピーカチを導入する前と後で変わったことは?

スタッフのお客様への声かけが以前よりできるようになったなって感じましたね。
お客様へどんどん話しかけている感じになりましたし、それがお店の活気へとつながって、結果、お客様が親しみやすい雰囲気になっていってますね。
あと、お客様との繋がりでいうと個人的なことなんですが、実は嬉しかったことがあって…!


━え〜!何ですか??

僕が誕生日の時に「今日、僕の誕生日なんです〜!」って全配信でメールを送ったんです!
そしたら、ご来店頂いた2組くらいのお客様からプレゼントを頂きました!


━え〜!すご〜い!!

そうなんですよ!嬉しかったです。
なので、これからスタッフの誕生日なんかも送っていけたらなぁと思っています。


━そしたらスタッフももっと楽しくなって良いサイクルができますよね!
新田部長はいかがですか??

そうですね。
会社として目指しているのは人数を集めることだけが目的じゃないんですよ!
人数を集めたところで、商圏を分析して、若い方には○○のメール、ご家族連れには○○のメール、年配の方には○○のメールっていう風に細かくターゲットを絞ることでお客様のピントにあった販促を行い、ご来店に、より一層つなげて、結果、後々のお店の数字が上がっていくかなって思っています。
今はまだ準備段階の時期でもあるかなって思っています。

そうですね。今はメールの販促内容も検証中ですし、同じ内容のメールを当日じゃなくて3日前くらいに送ったらどうなるのか…など今からもっと試してみたいと思っていますね。
そうですね!お店の財産でもある会員さんをどうやって維持していくかも大事な点ですよね。


━なるほど〜。
御社はチェーン展開していらっしゃいますが、他店さんとはピーカチを使った販促の件で情報共有していますか?

そうですね。とにかく、店長たちに勉強させる為に、自社の系列店が、ピーカチでどんなメールを送っているのか把握する為に全店登録させていますね。
また、うちの会社のピーカチ導入店舗はもちろん、各店長がプライベートで携帯会員をどこかで登録する機会があったら「色んなメール会員にとりあえず全部入れ!」と言っています!

まずは、自分がそこの上顧客になって使ってみないと、何事も良さが分からないし、「あ〜この企画っていいな。文章が上手だな」って自分が体験しない限りは、結局何でも実感しないと思うんです。 
うちの会社の店舗同士のメールを見るよりも、むしろ色んな所のやり方を見る方が視野が広がって勉強になるんじゃないかなと思いますね。


━なるほど!ほんとそうですね!
新田部長は店長さん達を会議で励ますことなどはあるんですか?

励ますことはないですね!(笑)
叱咤激励はしていますけどね!(笑)


━あははは! (笑) 
庄司店長は叱咤激励されていますか?

よくされています… (笑)
実は1度システムのことで叱られたことがありまして…。


━ぜひぜひ参考に聞かせてください!

ピーカチ会員さんが1000人を突破したので「1000人突破記念☆」メールを送ったんですね!
ただ、メールポイントに1000ポイントをつけて送ってしまったんです・・・。
1000人突破があまりに嬉しかったのもあったんですけど、どういった内容だったらお客様は反応するのかなって思って、まさしく思いつきで行動してしまいました・・・。


━あははは (笑) あれは私もびっくりしました!
新田部長はそれをご覧になってどうされたんですか?

僕も見た瞬間、すぐにSVに連絡して謝罪メールを送らせました(笑)
ピーカチのメリットは、店長や各担当社が企画を考えられるっていうのもメリットだと思っています。
本社から一括で送信できることも大事だけど、各店長の個性を伸ばしていきたいので、うちは店長達に企画を行わせています。

もちろん失敗もするし、喜びもある。
それを繰り返していかないといけないです。

だから、あのメールを送った時も、まずSVに「何の目的でどういう戦略があったのかが明確になっているのかどうか」を確認しました。
目的がないと、次に活きないから、その場その時だけ集客できても失敗だと思いますしね。
だから叱咤しました!(笑)

ピーカチ会員さんも集めただけでは無駄になるし、集めた限りは生かしていくのが店長としての仕事だと思いますね。
実際、企画の発想は凄くよかったので、せっかくだからお客様目線でメールを送ってあげてほしかったですね(笑)
お客様が喜ぶことに繋がっている企画であるというのが大切だと思います。
お客様が喜んで頂く為にピーカチはあると思っていますから。


━そうですね!店長、これからは目的を大切にしてくださいね。
あと一言相談してくださいね! (笑) 
ところで、導入当時は天山閣の藍住店さんが会員数はトップでしたね。
それが気が付いたら脇町店さんが抜かされてトップにたっていました!
多い日で1日に60人新規モバイル会員を獲得された日もありましたね!あれには驚きました!
会員数をのばせた秘訣は何ですか?

藍住店の店長とは同級生なのもあって…(笑)
とにかく藍住店に負けたくなかったのもあったんです。
あと、会議で部長に「ボーナスけずる!」とか冗談で言われたりもしました(笑)
まぁそれは冗談ですが、僕も「1番」が好きなので、考えなおして、POPをもっと上手に活用できないかなと思い、その後すぐに実践しました。
それが会員数をのばせた秘訣にもなっていると思います。


━具体的にどういう風にPOP活用を実践されたんですか?

スタンドタイプのPOPだけではなく、ラミネートのものも一緒に作成して使うようにし、いかにお客様の目につきやすくするかなど考えて実践しました。

また、1日に新規で60名獲得できたのは、お店に高校生の100人以上の貸切予約があり、「その時が獲得のチャンスだ!」と思い、積極的に高校生に声かけしました!
ピーカチは宴会で会員さんがとても獲得できやすいと思いますよ!
誰か1人がやってくれたら、他の方も「どうやったら入れるの?」など輪が広がっていくので獲得率はとても高いです。
「会員になれて得した!」っていかに思わせることができるかが大切だと思いますね!
入ってくれたお客様の横でみんなでスタッフが盛り上げるのも凄く大切ですしね!

そうですね!
スピードくじで「あたり」の時にスタッフもお客様も「天閣サイコー」と盛り上げたりすると、お店に活気もでますね!
でも会員数1000名になれたというのは僕も従業員の壁でもあり目標でもありましたから、本当に嬉しかったです。


━そうですね!本当に頑張って頂いて素晴らしいです!
では、メール配信についてお伺いします。
販促メールを送る回数はどのくらいですか?

月に2回ですね。

━販促メールの内容はどうやって決めているのですか?作戦は?

割引がメインではなくて、いかにメニューの良さを伝えていくかっていう所を気をつけています。
あと、毎月のお客様へのお誕生日メールは大切にしています。


━新田部長はいかがですか?

そうですね。
各種記念日、各種連休のイベントには必ずからめることと、あと焼肉店なので、29日は「ニクの日」というのを定着させる為に、まず一週間前に「告知メール」、前日にもう一回「明日はニクの日」メール、そして30日には、ご来店頂いた人にもそうでない人にも、「昨日はありがとうございました!おかげさまで大盛況でした!」という「盛況度合いのお知らせ&お礼メール」が必要だと思います。

事前告知・当日告知・最後の締めの3つの段階を踏むという事を大切にしています。
それが来月にも必ずつながると思いますしね。
それによってメールの反応率もかなり上がると思います。
投げっぱなしのメール販促ではなくて、「分析」というのはそういう事だと思います。
ピーカチはメールにポイントもつくから「次に繋がる」というその意味も各店長が考えていかないといけない大切な部分だと思います。

今部長に言われたとおり「当日にいきなりメールがきても来ることができないよ」と常連様から言われたことがあるので、3日前や一週間前に送るということも、とても勉強になりましたね。
メール文章もカチカチではなくて「僕らしさ」と親しみやすいメールを作れるように色んな文章を見て勉強しています。
会社からも推薦文庫で「メール販促」の本など見ているので、みんなにも推薦したりして勉強しあっていますね!


━今まで送られた販促メールで一番効果があった内容は?

はい!一番効果があったのは、僕の誕生日メールの返りが一番よかったですね。
会員さんも300人くらいしかいなかったのに、10組50名くらいがお祝いしに来てくれました。
地域密着というのも、こういうところで活きていると思います。


━徳島の4店舗さんにおいては、スタートと同時にご来店毎に携帯アンケートをお客様からとって頂いていると思います。
携帯アンケートの活用方法は?

従業員の意識付けはもちろん、お客様のご来店頻度のアンケートが凄く役にたっていますね。
あの質問をとりだしてから「毎月ご来店されているお客様はこんなにいるんだな」というのがよく分かりました。
アンケートは休憩室においてスタッフみんなで見れるようにしていますね。
本部側では相対的な他店との比較に使わせてもらっていますね。
パーセンテージが前回よりあがっているなとか、下がってるなとか感じています。
お客様は正直なので。やはり会員数がのびるごとに、お店の満足度も高くなっていると思います。

ご来店のキッカケもとても役にたっています!
ポスティングやドアコールに行く時も、認識度の面や商圏エリアの部分で分析もできますし、新規顧客を開拓する時に、どのあたりから攻めていこうかっていうのにも役立ちますね。


━新しくリリースされた、「ピーカチ.com」は活用して頂いていますか?ご感想は?

初めて見た時、徳島のエリアで飲食店の中でも「脇町店」が一番上に出ていたので、スタッフみんなで「上位にいるで〜!」って喜んでいました!
頑張って会員数が増えたぶん、上に出てくるのはとても嬉しいですね!これからも頑張ります!
他店さんで1万人くらい会員さんを持たれている店舗さんも拝見できましたし、「凄いなぁ〜」と思って刺激にもなっています。
画像もたくさん綺麗にうつるので、どんどん更新していきますね!


━店長のPCのスキルアップにもつながるからいいですね!
販促以外にいいことはありましたか?

アンケートはもちろん、お店のファンでないと、なかなかお店の会員であり続けてくれないので、脇町店のファンっていう方がどれくらいいるのかなども分かってきたのは嬉しいです。

━お客様からクレームはありましたか?

ありましたね!
僕のメールの文章内容が分かりにくい!というご意見を頂きました(笑)


へぇ〜!そうなんですね!

やはり「作り手」と「読み手」の感情を考えないといけないですね。
効果的なアイキャッチも必要だし、表現の仕方、ボキャブラリーなどなんでも日々の勉強のみですね。
僕もスカイラークやマクドナルドさんなど色々メール会員の登録をして勉強してます。


━お二人にとってモバイル販促のピーカチとは?

恋人のようなものですね、やっぱり!
自分が店長になって、お客様が親しみやすい店にしたいというのが僕の店長としての気持ちなので、ピーカチを機会に良いことをどんどん伝えていくキッカケにしていきたいですね。


━天山閣さんはどんなお店ですか?

オーダーバイキングので「46品目コース」「78品目コース」「単品コース」があります。
お好きなものが何でも食べ放題で種類が豊富なのも特徴です。


━お店のコンセプトは?

「焼肉」って高いイメージがあるので、できるだけ定価格で色んなものを食べて頂けるという所ですね。

━お店のこだわりはありますか?

こだわりを持たないことがこだわりですね。
時代に、お客様に、エリアに合わせて、出来る限り柔軟にやっていくというのが商いの原点かなと思って頑張っています。
こんな時代だから、友達とでもご家族とでもどんなシーンでも使って頂けるお店作りを目指しています。


━客単価はおいくらくらいですか?

2500円〜2600円くらいですね。

━今後御社が目指す会社とは?

目指しているのは、うちの理念でもある「地域社会に貢献する会社」ですね。
「念じれば花開く」というのも大切にしています。
企業は何の為にあるのか?利益追求だけでなくて、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という「三方よし」を目標に日々勉強しています。
うちは創業40年ですが、100年、200年続いていく為にも、それを会社全体で大切にしていますよ。


━本日はありがとうございました。


 P+KACHI NEWS:VOL.45
 PDF版/5428KB
 ダウンロード




interviewer :
株式会社ピーカチ 営業部リーダー 船本 玲


SHOP INFORMATION:天山閣プラス脇町店
住所:徳島県美馬市脇町字拝原2514-1
TEL:0883-52-5488
営業時間:12:00〜24:00[L.O.]23:30
定休日:年中無休

ピーカチでは飲食店を始め、美容室、エステ、物販、レジャー施設、温浴施設に至るまで
様々な業種業態での成功事例を多数ご用意しております。
携帯販促、メルマガ配信、ICリーダーを使った携帯ポイント、スマートフォン販促など
集客やリピーターの獲得、販売促進等にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



画面上へ

※下記1つでも当てはまる場合は
お気軽にご連絡下さい!!

資料請求
携帯販促成功事例
ピーカチカードサンプル
機能一覧
選ばれる理由
携帯販促の失敗と成功
代理店募集
利用ユーサー100万人突破
ピーカチはこれまで培ったノウハウと豊富な携帯販促成功事例を活用し、導入後もしっかりサポート致します。

以下様々な業種・業態でケータイを活用した、メール販促・ポイント販促・クーポン販促・顧客ランク別販促などをご活用頂けます。

グルメ系
┣居酒屋
┣各種レストラン
┣焼肉などの専門店
┣創作料理店 
┣ファーストフード
┗宅配サービス

物販系
┣アパレル
┣スーパー
┣雑貨屋
┣ドラッグストア
┣酒屋
┣本屋
┣通信販売
┗携帯電話販売

その他サービス系
┣美容室
┣エステ
┣ネイルサロン
┣ガソリンスタンド
┣クリーニング
┣レンタルショップ
┣ペットショップ
┣アミューズメント
┣ゲームソフト販売
┣温浴施設
┣住宅・不動産
┣自動車
┣ホテル
┣スキー場
┣専門学校・学習塾
┗各種雑誌媒体

日本全国どこでも利用できます
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 新潟県 石川県 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 福井県 長野県 富山県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

※ピーカチは来店顧客を囲い込みリピート化させることの出来る、利用ユーザー100万人の携帯販促システムです。
資料請求
Officialサービス製品案内イベント情報導入事例会社概要個人情報方針ビジネスパートナーピーカチSNSお問合せ
Copyright© 2006 P+KACHI inc. All rights reserved.