カフェでの集客、メール販促をお考えならピーカチ

サイトマップ お問合せ 
携帯販促 成功事例
オフィシャル
サービス
製品案内
導入事例
会社案内

トップ
携帯販促成功事例 P+KACHI NEWS > NO.34 タリーズコーヒー広島緑井店


P+KACHI NEWS

P+KACHINEWSは、携帯販促サービス「ピーカチ」を導入頂き、携帯会員の獲得からメルマガの配信、携帯ポイントの
発行など実際に携帯販促を体験して頂いている現場のご担当者様に、効果的な販売促進方法や来店促進方法など
インタビューさせて頂き、記事にしております。

携帯販促は導入後の効果測定が一番の重要ポイントとなります。
本ニュースにて実際のプロモーション手法やキャンペーンの内容、販促メールの内容に至るまで、
実際にどれくらいの効果があったかをご覧頂き導入をご検討いただければと思います。
モバイル販促を導入することでの販促経費の削減はもちろん、アンケート調査を行うことの重要性、
リピーター獲得による売上げアップへのマル秘集客術などモバイル販促成功事例から失敗事例まで包み隠さず
公開されております。
インタビュー内容はそのままを記事として掲載している為、一部読み難い箇所もありますが、予めご了承ください。

今回のピーカチニュースは現在ピーカチを広島市安佐南区で導入していただいております「タリーズコーヒー広島緑井店」で
石飛店長に取材をさせて頂きました





リアルタイムな情報配信がお店とお客様との架け橋
〜固定客にアプローチできるピーカチを通じていち早くタリーズの情報をお届けしたい〜

─まず、先月オープン以来の売り上げを記録されたということで、おめでとうございます。

 ありがとうございます。

─現在、モバイル会員を約550人獲得されてますがタリーズコーヒー広島緑井店は通常スタイルであるピーカチカードを配っての会員獲得ではなく、空メールでの会員獲得をされていますが、空メールで会員を獲得する為に工夫していることや、気を付けている点があれば教えて下さい。

 特にありません(笑)ただ、店頭やトレーにPOPを貼り付けることで、お客様に飲みながら登録していただけるようにしています。あとは、お客様から「これ何?」と質問されることがあるので、その時に説明してあげたりすると登録してくれることもあります。

─会員のリピーターは多いですか?

 そうですねぇ。具体的な数字はわかりませんが、ピーカチでメールを送るのは新商品の案内や、数に限りがある商品やコーヒー豆の売り出し商品がある時ですが、そんな時は、「メール見たよ!」と言って来店してくれるお客様もいるのでリピーターは多いと思います。

─登録されているお客様の年齢層はどんな感じですか?

 たまにチェックするんですが、女性のお客様が多いですね。
年配のお客様の来店も多いのですが、登録数で多いのは、20代〜40代の女性ですね。

─石飛店長が緑井店の店長になられた時は、既にモバイル販促ピーカチが導入されていたと思いますが、カフェという業態で携帯販促をすることに不安はなかったですか?

 なかったですね! 実際に告知などお店に来ないお客様にもできるというのがありがたくて、使わせてもらってます。

─モバイル販促ピーカチのメール効果はどうですか?

 先程と内容が重なりますが、例えばコーヒー豆の売り出し商品のメールなんかだと、だいたい1日30袋、金額で言うと3万円ぐらい売れます。
二日間に渡って販売することが多いので、だいたい1回のメールで6万円ですかね!

─1回のメルマガ配信で、平日プラス3万円売れるのですか?

 そうですね。郊外型のお店なのですが、コーヒー豆の売り上げは広島の店舗では一番良いです!

─すごいですね〜!

 はい(笑)

─あと、お誕生日の方にメルマガ配信をされてますが、反響はどれくらいありますか?

 だいたい10%くらいありますね。
しかも、お誕生日の月なら何度でも使えるようにしているので、数字で言うともう少し良いのかもしれませんね。

─メルマガ配信をする際に絞込み配信を使われることもあるようですが、狙いはどのようなところにあるのですか?

 狙いというよりも、こちら側の都合ですが、便利なんです!女性の方だけにサービスのメールを送る時もありますし、お店の都合に合わせて絞込み配信をさせてもらってます。 

─ピーカチのメールを使いながらお客様とコミュニケーションをとられてますがどんな効果がありますか?


 そうですね…メールを配信する段階では一方通行になっているので、その場ではコミュニケーションにはなっていないのですが、「メールを見た」と言ってお店に来ていただけると、「あれ、僕が送ったんですよ!」という会話に繋がったりして、アルバイトもそこからコミュニケーションに繋がることはありますね。

─お客様と話しをするきっかけになっている感じですかね?

 そうですね!

─現状、モバイル販促ピーカチ以外に販売促進で何かやっていることはありますか? 

 店頭では、季節のイベントの告知を行ってます。
例えば、バレンタインシーズンなどに、お店のアルバイトの子が似顔絵入りの広告を作ってくれたり。
あとは、カフェなので黒板を使った商品の告知をしたりします。
他には、フジの中にあるテナントになりますので、全体の広告に載せてもらったりもします。

─メルマガ配信は全て店長が行っているのですか?

 今のところ、僕が考えて送っているのですが、アイデアが煮詰まったときはスタッフに「何か良いアイデアない?」という話しをして良いアイデアが出ればそれを送ったりもしますね!僕ばかりが考えると、販促販促という感じになりすぎて面白みがなくなっちゃったりしますからね(笑)

─現在のデジタルクーポンの反響はどうですか?

 まずまずですよ。

─カフェという業態で、クーポンを見せていただくタイミングも重要だと思いますが、どのタイミングで見せていただくのですか?

 クーポンを使うお客様は、お店に入る前に、「今日は使おう!」と決めてきていただいているので、レジでご注文いただいた時にお客様の方から「今日はクーポン使います」と言っていただいています。

─お客様にも浸透しているから、準備をしてきてくれる感じですね!

 もし分からなくてもスタッフが一緒に携帯の画面を見つめながら操作をしてます(笑)

─モバイル販促ピーカチの携帯アンケート機能を使って何をしてみたいですか?

 アンケートに関してはまだ使っていないですが、実際にやってみたいことは、来店されたお客様にお店の雰囲気を聞いたり、お客様の満足度を聞いてみたいですね!お店側は自信を持ってやっていることでも、お客様が納得してくれないと意味がないので。
実際に聞いてみたいですね。 

─それは、モバイル販促ピーカチの携帯アンケートを通して得たお客様のお褒めの言葉や、改善点を受け入れてお店作りをしていきたいということですね?

 そうですね!

─ファンの声機能は、どのようにご活用いただいてますか?

 色んな意見があります、喜びの意見、例えば○○が美味しかったとか、スタッフへのお褒めの言葉があったり、逆にクレームや残念な意見もありますし、それを見たら残念に思いますけど、それがお客様が感じた素直な意見なので、無駄にしないことが大事ですね。店のなかで業務連絡用のノートがあるんですが、これは、スタッフ全員が閲覧できるようになっていて、ファンの声なんかあった時は、ノートに書いて気をつけよう、二度と起きない様にと対策をとらせていただいてます。

─ファンの声に書かれたことは店長だけでなく、スタッフ全員で共有できているということですね!

 はい、僕一人で見ても意味ないんで。
お客様が気付いたことはできるだけ共有しようと心掛けています。
スタッフ間の連携を強める為にも使っています。

─緑井店は「フジ」というショッピングモールの中にあって、ファミリー層から年配のお客様まで幅広くご来店されると思いますが、モバイル販促ピーカチをどのように活用されてますか?

 ご家族なんかで来られている方に登録してもらえば多くの方にお店の情報を見てもらえるので、そのあたりは僕たちもアンテナ張っていますし、実際に「メール会員を募集しているので、良かったらどうですか?」と声をかけたら登録してくれることもありますね。

─そんな時は、例えば奥様だけとか、ご主人様だけではなくて、どちらにも登録してもらったほうがご来店していただくきっかけが増えると思うので、お二人ともにご登録いただくのがベストですね!

 頑張ります。

─モバイル販促ピーカチのことでお客様からクレームが来たことや、システム運用の中で困ったことはありますか?

 今までにピーカチのことでクレームはないし、困ったこともないですね!

─あればいつでも言ってくださいね!

 はい。

─モバイル販促ピーカチの機能で気に入っているところはどこですか?

 配信先を細かく設定できるところですね。
女性・男性というものから、年齢・誕生月なんかを使えばバースデイメールとして使えますし、お客様に応じたメールを送れるのがいいです!

─ズバリ、店長にとってピーカチとは?

 固定客への販促手段ですね。固定のお客様だから販促をしないというのは、もったいないですから。

─モバイル販促ピーカチを使うことでお店にどんな良い点がありますか?

 一番良いのは、来店されなくてもこちらからお知らせができたりするし、ファンの方に情報を早く届けてあげられるのは、僕としても嬉しいですね!

─モバイル販促ピーカチに望む機能はありますか?

 1個だけあるのですが、携帯電話のドコモのムーバは、250文字までしかメール受信できないので、それがなくなれば良いですね!

─それに関しては、僕もドコモさんにお願いしたいですね!

 ドコモさん、お願いします(笑)

─今後はモバイル販促ピーカチをどのように使っていきたいですか?

 当店では固定客様への販促手段でもあり、固定化する為の手段でもあるので、ピーカチを通じて「タリーズ緑井店は今、何かやっている」と、面白みのあるお店だと思っていただきたいですね。お客様への架け橋と言えばかっこいいですが…
そんな使い方をしたいと思います。

─タリーズコーヒー広島緑井店はどんなお店ですか?

 一言で言えば「アットホーム」という言葉をみんなで共有しているのです。
アットホームというのは、にぎわい・なごやかというような意味なので、嫌がる人はいないと思います。
ただ、カフェというのは落ち着いた雰囲気も必要だと思うので、一人でも、お友達やカップル・ご家族連れで来店されてもアットホームな場を演出することを心掛けています。  

─お店を利用する時の予算は? 

コーヒー1杯なら290円からありますし、お昼や、夜ご飯を食べて帰られる方もいますよ。

─コーヒーの豆の売り上げが好調とのことですが、工夫されていることは?

 そうですね、コーヒー豆が売れることに気付いたのは、店長になってからしばらくしてです。
コーヒー豆が、全国的にも、もちろん広島でも売れることが分かったので、それからは工夫のひとつとして、コーヒー豆を売り出しするときは、フジの広告とピーカチを併用して使います。
ただコーヒー豆を売るのではなくて、購入してくれたらサンプルで違うビーンズを差し上げたりもします。
あとは、タリーズで共通のビーンズ用のスタンプカードがあるので、コーヒー豆を買われる方にはスタンプカードの配布もします。
全店共通なので、お客様も喜ばれますし。

─石飛店長が目指すお店とはどんなお店ですか? 

 ありきたりですが、「いつものお店」というものです。
コンセプトのアットホームもそうですが、タリーズ広島緑井店を舞台にして人の輪が広がるような温かいお店を目指します。

─今日はご協力をいただきまして、ありがとうございました。

 こちらこそ、ありがとうございました。

 P+KACHI NEWS:VOL.34
 PDF版/246KB
 ダウンロード




nterviewer :
株式会社ピーカチ プランナー 成木 修



SHOP INFORMATION:
タリーズコーヒー広島緑井店
住所:広島市安佐南区緑井1丁目5−2フジグラン緑井内
営業時間:8:00〜22:00
TEL:082-831-8166

ピーカチでは飲食店を始め、美容室、エステ、物販、レジャー施設、温浴施設に至るまで
様々な業種業態での成功事例を多数ご用意しております。
携帯販促、メルマガ配信、ICリーダーを使った携帯ポイント、スマートフォン販促など
集客やリピーターの獲得、販売促進等にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



画面上へ

※下記1つでも当てはまる場合は
お気軽にご連絡下さい!!

資料請求
携帯販促成功事例
ピーカチカードサンプル
機能一覧
選ばれる理由
携帯販促の失敗と成功
代理店募集
利用ユーサー100万人突破
ピーカチはこれまで培ったノウハウと豊富な携帯販促成功事例を活用し、導入後もしっかりサポート致します。

以下様々な業種・業態でケータイを活用した、メール販促・ポイント販促・クーポン販促・顧客ランク別販促などをご活用頂けます。

グルメ系
┣居酒屋
┣各種レストラン
┣焼肉などの専門店
┣創作料理店 
┣ファーストフード
┗宅配サービス

物販系
┣アパレル
┣スーパー
┣雑貨屋
┣ドラッグストア
┣酒屋
┣本屋
┣通信販売
┗携帯電話販売

その他サービス系
┣美容室
┣エステ
┣ネイルサロン
┣ガソリンスタンド
┣クリーニング
┣レンタルショップ
┣ペットショップ
┣アミューズメント
┣ゲームソフト販売
┣温浴施設
┣住宅・不動産
┣自動車
┣ホテル
┣スキー場
┣専門学校・学習塾
┗各種雑誌媒体

日本全国どこでも利用できます
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 新潟県 石川県 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 福井県 長野県 富山県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

※ピーカチは来店顧客を囲い込みリピート化させることの出来る、利用ユーザー100万人の携帯販促システムです。
資料請求
Officialサービス製品案内イベント情報導入事例会社概要個人情報方針ビジネスパートナーピーカチSNSお問合せ
Copyright© 2006 P+KACHI inc. All rights reserved.