焼肉屋での集客、メール販促をお考えならピーカチ

サイトマップ お問合せ 
携帯販促 成功事例
オフィシャル
サービス
製品案内
導入事例
会社案内

トップ
携帯販促成功事例 P+KACHI NEWS > NO.21 黒毛和牛専門 藤屋


P+KACHI NEWS

P+KACHINEWSは、携帯販促サービス「ピーカチ」を導入頂き、携帯会員の獲得からメルマガの配信、携帯ポイントの
発行など実際に携帯販促を体験して頂いている現場のご担当者様に、効果的な販売促進方法や来店促進方法など
インタビューさせて頂き、記事にしております。

携帯販促は導入後の効果測定が一番の重要ポイントとなります。
本ニュースにて実際のプロモーション手法やキャンペーンの内容、販促メールの内容に至るまで、
実際にどれくらいの効果があったかをご覧頂き導入をご検討いただければと思います。
モバイル販促を導入することでの販促経費の削減はもちろん、アンケート調査を行うことの重要性、
リピーター獲得による売上げアップへのマル秘集客術などモバイル販促成功事例から失敗事例まで包み隠さず
公開されております。
インタビュー内容はそのままを記事として掲載している為、一部読み難い箇所もありますが、予めご了承ください。


今回のピーカチニュースは現在ピーカチを大阪府の吹田市で導入していただいております「黒毛和牛専門 藤屋」の
矢野店長に取材をさせて頂きました





藤屋ではお客様がコンサルタント!
〜改善点を拾い接客でも世界一を目指す〜
アルバイトさんが作った「ピーカチの心得」。リーダーを作り獲得率アップ!

━まずはもうすぐ会員数5000人突破ですが、凄いですよね?

 そうですね。今後はそこから繋げていく新規のお客様ですね。
常連様から紹介して頂くお客様をうまく繋いでいかないと、これから伸びがないんかなぁて思ってます。

━もうすぐ5000人に達しようとしてる中でも毎月コンスタントに新規の会員獲得っていうのを行われてるじゃないですか?

 はい、そうですね。

━もちろん藤屋さんといえば焼肉ではもの凄い美味しいというイメージがあるんですけど。

 そうですね(笑)

━もちろん新規のお客様もどんどん来られてるとは思うんですが、会員数が5000人になった今でも新規会員の獲得が出来てるのは何かポイントがあるんですか?

 一番の理由っていうのはアルバイトさんの中でピーカチ担当という人間が増えたこと。
それでお客さんと接していこうという感覚で始めてますんでね、やっぱり従業員(社員)だけがお客様と会話するんじゃなく、まずはアルバイトさんから新しいお客さんを掴んでいこうという方針でやってます。
それが一番お客様と接点が掴みやすいんじゃないかなという気はしますね。
ピーカチ担当も二ヶ月に1回のサイクルで変えてやってます。

━そうなんですか〜。

 この間「ピーカチリーダーの心得」っていう面白い物がまわって来たんですけどね。

━ほうほうほう。

 これはアルバイトさん達が考えたんですけど、『ピーカチリーダーは少しでも多くのお客様の意見を取り入れる為、ピーカチカードを配りアクセスをしてもらえるようにみんなに声を掛けるのが使命である。』ってね。

━えっアルバイトさんが?

 はい(笑) 

━そうなんですか〜。 

 引継ぎ引継ぎで気持ちまで引き継いでいこうということでね。
そやからそういう楽しみというか、リーダー感覚でやって頂く仕事を増やしてね。
まぁほかにもいろんな仕事はあるんですけどそうやってお客様と接する事によってまた違う仕事の楽しみも増えてくるんじゃないかなと思うんですよね。
だからピーカチみたいに携帯で気軽に会話が出来るのはすごく楽しいかな〜って、今までには無いパターンですからね。

━そうですね、ありがとうございます。
このニュースを読まれてる方なんかだと藤屋さん5000人も集めてすごいなと思われてると思うんですが導入した当初は意外と苦戦されてたような??


 かなり苦戦しましたね〜(笑)

━(笑)

 僕は積極的に取り組んだつもりなんですけど・・・。やっぱり自分のやり方とかそういう説明の仕方とかが不足してる部分がありましたね。
今でしたらお客様から「カード頂戴」とか言われるぐらいになってきたんでほんとありがたいですね。
逆にお客様がお友達に説明してやって頂くという安定した感じになってきてて、こっちがフルに説明を入れなくてもお客様同士で勝手にやって頂くような感じにまでなってきてますね。

━当時苦戦されてた時から考えると、安定して数字上がるようになったじゃないですか〜。

 そうですね、なってきましたね。

━あの時に何か変えられた事はあるんですか?

 まぁ自分自身がまず操作を全然わかってなかったのでそれを理解するのがありましたし、アルバイトさんにもそのへんの理解を含めて自分達でも入会して頂いて、それから始めたっていうのがあります。
そうすればお客様にも説明しやすいので自分でまずは体験してみる事。
それと最初の頃メールっていうのをあんまり打たなかったんですけどメール打つことによってお客様の反応をすごく感じられるようになりましたし、そういう所からも効果が上がったような気がしますね。

━そうですか〜。あとアンケートっていうのを常にされてますよね〜(笑)  

 はい(笑)まぁ会議の時にかなり叩かれますけどね〜(笑)

━(笑) 

 それが嫌と言ったら嫌なんですけどね・・・(笑)
まぁ最初の目的がそういう所だったんでそれはみんな素直に聞き入れようという気持ちになってきましたんでね。
アルバイトさんも名指しで批判される事もありましたけどそれに対してこっちがちゃんとフォローを入れてやる事によって、またお客様と近づくという事がすごく感じられましたしね。

━実際にアンケートの8割近くは良い意見ですよね?

 そうでもない(笑)

━まぁ多少はクレームも入ってきたりもするとは思うんですけど、良い意味でアルバイトさんの名前が名指しで上がって来たりとかっていう?

 それは僕らとしても指導していく上ですごくうれしいですし、その上意見として「接客いいですね」とか言われますと更にうれしいですしね。
料理だけじゃなくそういう面も強化する意味ですごく役にたってます。
まぁ最初の目的通りに利用出来てるんじゃないかなとそう感じます。 

━アルバイトさんのそれを見た時の反応って?

 青ざめてますよ(笑)
「エ〜もう嫌」って感じですね(笑)
実はそれが、一番
最初にピーカチやってくれた子なんですよね。
それで逆にその子は意欲を燃やしましたね。

━あっそうですか〜。

 はい、ですから逆の効果があって「やってやろう」と、その時その娘が獲得数をグッと伸ばした時ちゃいますかね。
ですからちょっときついですけど人間逆境に置いてあげた時にそっから自信に繋がっていくような所がありますよね。
すごくうれしかったですね。

━それうれしいですね。

 もう愛想も良うなったりとかね、そういう所もありますし、やっぱり僕らで指導出来ひん所、逆にお客様が指導してくれてるんかなって、そういう風に感じましたね。
でも名指しっていうのはねちょっとね〜(笑)
僕らは従業員として、もちろん社員ですからやって当たり前っていう所ありますけどね。

━はい。

 ですけどその辺までアルバイトさんに伝授していくいうか、店の雰囲気はやっぱり和んだ雰囲気でやっていきたいっていうのがすごくありますんで、マナーとかそんななんもかんもちゃんと教育しますけどやっぱり自分の個性をちょっと発揮して頂く意味でピーカチ渡す時なんかはマニュアル的に渡すんじゃなく個々に楽しんで渡せるようにと指導してるんですけどね。

━ありがとうございます。

 いえいえ。

━店長最近メールとかも打たれてると思うんですけど?

 ちょこちょこ、まぁ月に1回ぐらいですね。

━メール送る時ってどういう内容を送られてるんですか?

 季節感とか入れてるとこなんですけどねぇ。
まぁ文章が下手なもんでなかなか長く打てないんで・・・そのへんやっぱり出来るだけ季節の言葉を入れたりとか、そういうとこで工夫して送ってます。
でもやっぱり一番お客様にお店に来て頂きたい内容は「おいしい肉が入りました」とかそういうのですよね〜。
あと誕生日メールは毎月打ってます。
実は前一回失敗したんですけどねぇ(笑)
でもあれが逆効果で結構お客さん来ましたね。

━そうなんですかぁ? 

 まぁ、あういう失敗もね〜こちらはもうペコペコなんですけど・・・(笑)
お客様の反応としては結構アクセスありましたね。

━そうなんですかぁ。

 直接怒られましたね。原版送るないうて(笑)

━あと半年ぐらい前になると思うんですけど、なんか間違えて夜にメール送られて・・

 夜に?あ〜ありました。はい。

━あれって逆にすごい効果があったんですよねえ?

 あったんです。
こっちは遊びでやってる訳じゃなく真剣にやってるんですけどねぇ、それをお客様が面白く捉えて頂いて逆に来て頂いてちょっと叱られたりとかねぇ(笑)

━なんか話によると今まで打ったメールの中で一番効果があったって?(笑)

 (笑)そうですねぇ。
まぁ季節っていうのはすごく大事にしてますし、すごい考えて行きたいなぁ思います。
やっぱりそれで出来るだけ来て頂けたらありがたいですね。
あとメールで空いてる時間帯をお知らせして集客の意味で利用さして頂くいうのはすごいありますね。
結構効果ありますしね。
今回のメールはGWなんで営業時間案内ですから、まぁどう効果が出るかはわかりませんけどね。

━あと牛心さんといえば、ピーカチコンサルパックを導入して頂いて毎月ピーカチ会議を僕がやらして頂いてるんですけど、どういう感想を?

 そうですね、今4店舗やってますけど、ピーカチ会議によってやっぱり共通の価値観っていうのが見出せるなっていうのがすごくありますね。
どこの店でも同じ接客レベルを保てますし、各店同じようなクレームが出るんですね。
それはどこで出てるかとかね。
それに同じクレームに対してどういう風に対処していくかとかも話出来ますし。
そういう意味ですごい効果ありますよ。今回も塩加減に対するクレームとか出たんですけど、それには謝罪メールを送ったんです。
そいうのはどこの店でもあることなんですけど、今までであれば「あったなぁ」で終わってしまうこともあったんですが、今はそういうのも無いですね。
この会議の時にみんなで反省して悪いとこを改善していくとかね。
塩加減を均一にする方法を考えようとか、そういう内容にも繋がっていきますし。
またいい事があればそれを各店取り入れたり出来ますので動きやすいですね。

━そうですか〜。 

やっぱり4店舗共通の価値観を見出せるというのが一番ですね。

━僕が一番嬉しかったのは、当初矢野店長がピーカチのことで社長から厳しいことをたくさん言われてましたけど、最近褒められることが多いじゃないですか。
それが凄く嬉しくてね。


 う〜ん、ごく普通にしてるつもりなんですけどお客さんにどう写ってるかっていうのがありますからね。
店っていうのは僕だけじゃなくスタッフ全員の問題になりますから気付かないところをお客様から細かく指摘されるというのが凄く勉強になりますね。
よう叩かれましたね。

━(笑)

 ほんま一時はピーカチ止めたろかって思ったりもしました(笑)
まぁ、それが自分にとってプラスになるっていうかね、なるんですよ。
通常だとお客様は陰で文句を言われるんですけど、P+KACHIの場合はアンケートで伝えてくれるんで。
それがP+KACHIの良い所だと思いますね。

━でも、店長の名前が入ってるアンケートはほとんど良い内容ですよね。

 そうですね。お陰さまで。嬉しいですよね。

━今後ピーカチを使ってやってみたいことってあります??

 そうですね、今後は子供さんだけの意見を聞いてみたいですね。
あとは、女性だけとかお年寄りだけとか、これから益々高齢化社会になっていきますので食と言うものを通じてお年寄りに幸せをご提供できたらと思います。
あとは最近、誕生日メールの返りが悪いですね。

━そうなんですか。

 宝くじももっと利用して欲しいですね。

━誕生日のメールって大体どれくらいの返りがあります?

 う〜ん、30組くらいですね。宝くじも、もうちょっと喜んでもらいたいですね(笑)

━クーポンの利用者はどれくらいあります?

 クーポンはかなり増えてますね。割合でいくと50%位いってるんやないですかねえ。

━藤屋さん・但馬屋さんといえば、ピーカチ通販もご利用いただいてますけど、どうですか? 

 以前も通販というのはやってましたけど、ピーカチ通販に変えてからはかなり売上UPしてますね。
年末も100万円以上の売上に繋がってますしね。
でももうちょっと工夫していきたいなあと思ってますね。

━通販をやり始めてお客さんから上がって来る声ってあります?

 やっぱり、「美味しかった」っていうのは凄くありますね。
あとは「お客さんに凄く喜んでもらった」っていうのもあります。
お礼状も送らせて頂いておりますので「またお願いします」というお言葉も頂きますし、ほんと凄く喜んでいただいてますね。
ですから、リピートも多いですよ。

━へ〜、嬉しいですよね。

 嬉しいです!(笑)

━店長にとってピーカチはどういうものになってますか?

 お店のアピールやご意見を貰うというのもありますけど、やっぱりお客様との接点ですね。
お客様と近づきやすいっていうところですね。

━ピーカチが無かった頃と、導入してからと何か変わった点はあります?

 お客様を身近に感じれるっていうのが凄くありますね。
アルバイトさんが頂いたクレームって僕の耳に入ってこないことがありますよね、そういうのも必ず伝わってくるっていうのもありますし、事細かく意見を取り入れられるなっていうのがありますね。
お店を改善していきやすいですね。

━始めた当初はアルバイトさん達は戸惑いがあったんじゃないかなと思うんですが凄く上手に使われてると思うんですけど秘訣は?

 まずは、「手渡ししなさい」っていうてるんですね。
あとは「こう言うふうにして登録してください」だとか「宝くじ抽選会がありますので」とか自分達で上手に説明してくれてますね。

━あと、伝え方で気をつけられていることってあります?

 まずは相手の目を見てとかね、おしぼり渡す時と一緒ですけどね。

━カードを渡されてるのはスタッフさん全員ですか?

 いえ、配っているのはオーダーを取るものとピーカチリーダーですね。
それでもれた時にテーブルを担当してるものがチェックを入れるという3段構えでやってます。

━それで渡し忘れを防ぐということですね?

 それでもたまにありますけどね・・・この前も1件ありましたけど。

━ピーカチを登録してくれる年齢層はどんな感じですか?

 そうですねえ、30代40代ですかね。
うちのお店は結構年齢層が高いのでこの前も若いスタッフが教えてくれたって言うことで喜びの声も上がって来てましたけど、分からない方にも対応できるようにはしてます。

━じゃあ、年齢層なんかもだんだん上がって来てたりするんですか?

 そうですね。

━メールは店長が送られてるんですか?

 そうですね。 

━店長元々パソコン凄く苦手じゃなかったですか?

 もう全然。ピーカチをやってからですよ、僕パソコン覚えたの。
文章を打つっていうのなんか、文字変換するだけで1時間くらい掛かかってましたからねえ(笑)

━じゃあ、店長にとってはパソコンを覚えるキッカケにもなったって感じですか?

 うん、大変勉強になりました。誕生日メールなんかでもどうやって打つんかな〜って思ってましたけど、自分自身の勉強になりましたね。

━あ〜それは嬉しいですね。

 そうですね。
知らん間に役立ってるっていうことはすごくあると思いますよ。
楽しいですよ。すごく。
自分の打ったメールに対して反応があるって言うのは凄く嬉しいですよ。
たまに言うて来られるんですよ。「字間違ってたよ」とかね。
(爆笑)そんなんで楽しんでますけどね。
そんなん言うて頂いたらね、嬉しいな〜って思ってね。

━メールを打ってお客さんから言われることって他に何かあります?

 「メール送ってくれたから来たよ」っていうのは凄くありますね。
あとは「メール来たらなんか食べたなるわ」とかね。(笑)

━それは凄く効果ありますね。
メールの内容もすごく上手ですよね。


 う〜ん「食べたいなと思ってる時に流れてきたから来てもうた」とかね。
そういう声って結構上がってきます?

━うん、そういうのが一番多いですよ。

 嬉しいですね。ですから、3時くらいにメールを流す事も多いですね。
一息ついて今日何食べようかな〜って思ってる時に流れてきたら嬉しいですよね。
パッと効果がでるっていうかね。DMなんかでしたらそれがないでしょ?

━はい。

 DMだと1週間遅れとかになっちゃいますから。
ピーカチでしたらすぐにパッパッパと出来ますしね。
すごいなと思います。
動きやすいですね。

━店長がピーカチの機能の中で気に入ってるとこって何ですか?

 やっぱり、メールですね。お客様の心を掴んで「お客さんに行きたいな」って思わせることが出来るじゃないですか。
だから、そういうメールをできるだけ流せるように心がけていきたいですね。

━最近顔文字とかも入れられてますもんね?

 よう見てはりますね(笑)サポートメールも頂いてますでしょ?
それも凄く参考になってますね。

━そうですか、ありがとうございます。
店長全然パソコン使えなかったということですけども、P+KACHI管理画面の操作ってどうですか?


 あっ、凄く使いやすいですよ。説明書もありますしね、何回か使ってるうちに分かりますしね。
やっぱり、楽しんでやることですね。
実際楽しいですし。

━矢野店長からそう言って頂けると、心強いですね。(笑) 
最後に藤屋はどういうお店ですか??


 家族連れが多いんですけども、エリア的にはピーカチのグラフ見ても吹田のお客様が圧倒的に多いんで地域に密着したお店だと思いますね。

━藤屋は行列のできる焼肉屋ということで有名ですが、魅力って何ですか?

 牛を丸ごと一頭使っているというのもそうですし、やっぱり肉の味に拘りながらそれにも負けない接客を一押ししたいですね。
まだまだ、ご意見頂いて改善していかなくてはいけない部分もありますけど、最高級の味と最高級の接客を目指してます。
今後はお子さん連れでも安心して食べて頂けるというのをアピールしていきたいと思ってます。

━本当に肉の味は世界一と言って良いほど拘られてると思うんですが。

 そうですね。但馬牛というのは世界一ですから。

━牛一頭仕入れられて、僕も覚えれないほどの種類がありますけど、藤屋をどのように楽しんで頂いたらいいですか?

 少しずついろんな種類を食べたいお客様もいれば、たくさん食べたいお客様とかお客さんによって違うと思いますから、うちはそういうニーズに答えれる様にしてますので言って頂いたらと思います。
 
━じゃあ、今日はこってりいきたいとかあっさり目でとかをお伝えして後はスタッフさんにお任せすれば一番良いんですかね?

 そうですね。気軽に相談していただけたらと思います。
堅苦しくなく、お肉の味と空間を楽しんで満足して帰って頂きたいと思っておりますので。

━本日はお忙しいところお時間とって頂きましてありがとうございます。

いえいえ、ありがとうございます。

 P+KACHI NEWS:VOL.21
 PDF版/1832KB
 ダウンロード




nterviewer :
株式会社ピーカチ 取締役副社長 西林 厳史



SHOP INFORMATION:
黒毛和牛 藤屋
住所:大阪府吹田市原町4-6-16
営業時間:[月〜金] 17:00〜23:30
[土] 16:00〜23:30 [日祝] 16:00〜23:00
TEL:06-6330-1129


ピーカチでは飲食店を始め、美容室、エステ、物販、レジャー施設、温浴施設に至るまで
様々な業種業態での成功事例を多数ご用意しております。
携帯販促、メルマガ配信、ICリーダーを使った携帯ポイント、スマートフォン販促など
集客やリピーターの獲得、販売促進等にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



画面上へ

※下記1つでも当てはまる場合は
お気軽にご連絡下さい!!

資料請求
携帯販促成功事例
ピーカチカードサンプル
機能一覧
選ばれる理由
携帯販促の失敗と成功
代理店募集
利用ユーサー100万人突破
ピーカチはこれまで培ったノウハウと豊富な携帯販促成功事例を活用し、導入後もしっかりサポート致します。

以下様々な業種・業態でケータイを活用した、メール販促・ポイント販促・クーポン販促・顧客ランク別販促などをご活用頂けます。

グルメ系
┣居酒屋
┣各種レストラン
┣焼肉などの専門店
┣創作料理店 
┣ファーストフード
┗宅配サービス

物販系
┣アパレル
┣スーパー
┣雑貨屋
┣ドラッグストア
┣酒屋
┣本屋
┣通信販売
┗携帯電話販売

その他サービス系
┣美容室
┣エステ
┣ネイルサロン
┣ガソリンスタンド
┣クリーニング
┣レンタルショップ
┣ペットショップ
┣アミューズメント
┣ゲームソフト販売
┣温浴施設
┣住宅・不動産
┣自動車
┣ホテル
┣スキー場
┣専門学校・学習塾
┗各種雑誌媒体

日本全国どこでも利用できます
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 新潟県 石川県 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 福井県 長野県 富山県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

※ピーカチは来店顧客を囲い込みリピート化させることの出来る、利用ユーザー100万人の携帯販促システムです。
資料請求
Officialサービス製品案内イベント情報導入事例会社概要個人情報方針ビジネスパートナーピーカチSNSお問合せ
Copyright© 2006 P+KACHI inc. All rights reserved.