レストランでの集客、メール販促をお考えならピーカチ

サイトマップ お問合せ 
携帯販促 成功事例
オフィシャル
サービス
製品案内
導入事例
会社案内

トップ
携帯販促成功事例 P+KACHI NEWS > NO.12 TO THE HERBS 松井山手店


P+KACHI NEWS

P+KACHINEWSは、携帯販促サービス「ピーカチ」を導入頂き、携帯会員の獲得からメルマガの配信、携帯ポイントの
発行など実際に携帯販促を体験して頂いている現場のご担当者様に、効果的な販売促進方法や来店促進方法など
インタビューさせて頂き、記事にしております。

携帯販促は導入後の効果測定が一番の重要ポイントとなります。
本ニュースにて実際のプロモーション手法やキャンペーンの内容、販促メールの内容に至るまで、
実際にどれくらいの効果があったかをご覧頂き導入をご検討いただければと思います。
モバイル販促を導入することでの販促経費の削減はもちろん、アンケート調査を行うことの重要性、
リピーター獲得による売上げアップへのマル秘集客術などモバイル販促成功事例から失敗事例まで包み隠さず
公開されております。
インタビュー内容はそのままを記事として掲載している為、一部読み難い箇所もありますが、予めご了承ください。

今回のピーカチニュースは現在ピーカチを京都府八幡市で導入していただいております「 TO THE HERBS 松井山手店 」の
吉見マネージャーに取材をさせて頂きました





VIP会員形式で月50万円の売上に!
口コミを利用し、新規客の囲い込みを狙う!

アルバイトにピーカチ担当を付けて新しい風を送り込む

━まずは会員数1500人突破おめでとうございます。

 ありがとうございます。

━いいペースで集まってきましたね。

 最初の1ヶ月で一気に1000人くらい会員が集まって「新記録を更新しました」と言う知らせを西林さんからお聞きしてそれがうちとしては励みになりました。
最初に入会特典は付けたんですけど、スタッフもきっちり配ってくれてましたから、そういういい結果が出たんではないかと思います。

━ちなみに、その記録はまだ破られてないですよ。

 そうですか、良かった。

━TO THE HERBSさんと言えばVIP会員という形での導入なんですが、お客様の反応ってどうですか?

 えっ他のところはVIP会員という形ではないんですか?(驚)

━違いますね。未だにTO THE HERBSさんだけですよ。

 あ〜そうなんですか。
やはりお客様の特別感はありますよね。
なんか「自分だけの特典や」みたいな。
もちろんアンケートとか取ったりしてたんですけど、携帯電話だと今は誰しもが持っているので結構年齢の高いお客さんとかもやってくれたりしてますね。

━へ〜そうなんですか、年齢層的には何歳くらいの方が多いですか?

 結構幅広いですよ。
僕らが行きやすいのはやっぱり10代20代の方ですけど、土地柄主婦の方や年配の方も多いので、実際一番登録が多い層はやっぱり主婦層だと思いますね。

━P+KACHIを導入してみてどんな感想をお持ちですか?

 まだまだ、いろんな利用法ってあると思うんですけど「タイムリーさ」っていうのがいいですよね。
例えばダイレクトメールを発送するとしますよね。
ダイレクトメールだと書いて・作って・送って着いて・やっとお店に来ると言う形になるんですけど、携帯電話の場合、今は誰もが携帯しているので、外に居ようが家に居ようがどこに居ようがタイムリーに見てもらえるし、いついつ送りたいなと思い立ったらすぐに送ることが出来るのが魅力ですね。
あと、楽ですね。本当手間が掛からない。

━毎月会員様限定の特典と言うのを送られていますよね?実際の効果はどんなもんですか?

 そうですね、金額ベースで言うと40万〜50万くらいは戻ってきてますね。
月の特典によっても違うんですけど、件数でいうとだいたい30組〜40組くらいですかね。

━一番良いときでどれくらいですか?

 やっぱり最初は凄かったですよ。一番良いときで100組弱くらいだったと思いますね。

━凄いですね。逆に一番悪かった時でどれくらいですか?

 20組くらいかなあ。でも、1日1組は必ずありますね。
なんで、単純に考えても30組、うーん、やっぱり40〜50組はありますね。

━P+KACHIのクーポンっていうのは使われたりしますか?

 ありますね、ちょこちょこはありますよ。
でも、うちの場合はクーポン利用者よりもメールで戻ってくる数の方が圧倒的に多いですね。

━カードはスタッフ全員が配られているのですか?

 そうですね、ホールスタッフは全員が配るようにしていますね。
最近は配れてない日も出てきてますけど。

━P+KACHIカードを配られているときに気をつけられていることってありますか?

 伝え方なんですけど、2つありまして、ひとつは「携帯電話で簡単に登録していただけるVIP会員カードですよ」というのと、もうひとつは「ご案内とか割引のメールを送らせてもらってます」というこの2つをお伝えするようにしてますね。
それを伝えればそこそこ登録してくれますね。

━P+KACHIの機能の中で一番気に入ってるとこってどこですか?

 そうですね〜、すべてを網羅するほどまだ使えてないんですけど、やっぱりタイムリーなメール配信ですね。
今までは僕が全部やってたんですけど、今後はスタッフにもやらせようかなと思ってます。
今スタッフも全員登録させてますんで、お客さんと同じメールがスタッフにも届くようになってるんですね。
アルバイトの子とかはメール打つのうまいのでP+KACHI担当ってのを付けてメールを送らせようかなと思ってるんですよ。
実は昨日もメール送ったんですよ。そのメールを見てスタッフの子に意見として、「友人とかに転送してあげてもOKという形にしてもいいんじゃないですか?」って言われて、その通りだとね。
ものすごく単純なことだったのに気づかなかったですね。

━いいですね。E-口コミですね。

 E-口コミ??

━はい、Eメールを使った口コミなんですよ。

 へ〜、やっぱり今はほとんどの人がメールをやっているので、「こういうメール来てたで〜」とか「割引なるらしいで〜」とかね、その人は会員になってないかもしれないんですけど、それがきっかけで目に見えない会員が広がっていくんかなって、それも新しいやり方かなって。

━それで、来てくれたら会員になってくれる可能性は高いですもんね。

 そうそう。

━今月の特典は10%OFFでしたよね。

 はい。

━まだ、20日くらいですけど反応はどうですか?

 そうですね、10%割引はいろんな媒体に出しているので、そんなに凄い効果はないですけど、今までワインサービスとかデザートサービスとかいろいろやったんですけど、やっぱり500円OFFとか10%OFFとかの方が反応はいいですね。
うちとしてもオペレーション的に分かりやすいですしね。

━お客様からの声って帰ってきます

 そうですね、「こんなメール来たよ」とか直接言ってくれるのは圧倒的に年配の方ですね、若い方はもう携帯出して「コレっ」て言うだけですね。

━P+KACHIを一言でいうと店長にとってどんな物ですか?

 お客様とのコミュニケーションをとれる手段ですね。
「こんなメール来たよ」とか声をかけてもらったり、逆に年配の人で「これどうやって使うの?」って聞かれて丁寧に教えてあげたりとかすると凄く喜んでもらえるし、おかげで携帯にかなり詳しくなりましたよ。(笑)
アルバイトの子とかでも「こうやってやるんですよ」とか教えてますしね。
コミュニケーションを図れるツールであったりしますね。そっちの方での効果もありますね。

━今まで話し辛かったお客さんともコミュニケーションが取れるようになったということですかね?

 そうですね。何もないところにしゃべりに行くのが難しかったところに接客の流れとして行きやすくなったというのがありますね。
お客さんの方も親近感っていうのを感じてくれたりしますね。

━今後P+KACHIを使ってやっていきたいことってありますか?

 アンケートを使って、うちの店でやって欲しい事とかどういうことを求められているかとか一方的なメールだけじゃなくて、お客様の意見を聞いてお店に取り入れていって今以上にお客様に愛されるお店作りをしていきたいですね。
ただ、今のやり方は効果が良いので、特典の内容とかを工夫しながらお客さんの反応とかも見ていきたいですね。

━P+KACHIを導入した感想を一言で言うと?

 今まで、こういうスタイルの販促って無かったじゃないですか。
初めてのことなんで、まさか携帯電話でご案内とか考えてもみなかったんで、試行錯誤しながら、西林さんにもアドバイスも貰いながらやってるんですけど、お客さんの立場に立って物事を考えるようになりましたね。
顔文字なんか使ったこともなかったのに、今は普通に使ってますしね。
お客さんの立場に立ってこういうメールが届いたら嬉しいなあとか、これはちょっとあかんかなあとかね。
そういった部分で、自分の中で吸収できる部分があったかなあと思いますね。

━それって、僕らにとっては嬉しいですね。P+KACHIを通してスキルアップしていただけるって。

 うちのスタッフからすると、僕がメール作って送っているのとか想像出来ないみたいですよ。(爆笑)
「誰かが打ってくれてるんじゃないの」とか言ってましたしね。
そういう違った面も吸収できたのかなあと思いますね。

━スタッフ間でのコミュニケーションにも繋がっているということですかね?

 そうですね。うちの社長も登録しているので、始めのうちは「こういうことしてみたらいいんちゃうん」とか「こんなメール送ってみたら?」とか言ってくれてましたしね。

━今後はP+KACHIで100万以上の売上に繋がるようにがんばりましょう。

 そうですね、宜しくお願いします。

━はい。
TO THE HERBSの魅力を教えてください。


 料理に関しては、ハーブを使っている商品が多くて、ヘルシー・健康をテーマに食材にもこだわって作っています。
スペース的には2階に個室があるので、パーティーや宴会などのご利用や、デートなど、様々な用途でご利用いただけるお店です。

━お客様の層は?

 そうですね、やっぱり主婦層が多いですね。
あとはほんとに幅広いですね。
若いカップルから、家族連れまで。年齢層というよりは地域密着型ですね。

━TO THE HERBSというお店をマネージメントしていく中で気をつけておられることってありますか?

 スタッフの気持ちですね。うちのお店は食材へのこだわりとか空間とかあるんですけど、結局は人だと思うんですよね。
調理のスタッフであれば、いくら良い食材を使っていても気持ちを込めて作ってないとやっぱり味は変わってしまうんですよね。
お客様への挨拶にも気持ちを込める。そうすることによって、お客様の感じ方は本当に変わってくると思うんです。
五感全てで満足して帰っていただきたいという思いがありますので。

━TO THE HERBSをどのように使ってほしいですか?

 そこなんですけど、どうしても入りにくいというのがあるみたいなんですよね。
お洒落なお店だからとか言われるんですけど、本当に気軽に立ち寄って欲しいですね。

─これからも頑張って下さい。本日は本当にありがとうございました。

ありがとうございました。

 P+KACHI NEWS:VOL.12
 PDF版/344KB
 ダウンロード




nterviewer :
株式会社ピーカチ 取締役副社長 西林 厳史



SHOP INFORMATION:
TO THE HERBS 松井山手店
住所:京都府八幡市鉄明台西24-10
営業時間:11:00〜23:00
TEL:075-972-3550

ピーカチでは飲食店を始め、美容室、エステ、物販、レジャー施設、温浴施設に至るまで
様々な業種業態での成功事例を多数ご用意しております。
携帯販促、メルマガ配信、ICリーダーを使った携帯ポイント、スマートフォン販促など
集客やリピーターの獲得、販売促進等にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



画面上へ

※下記1つでも当てはまる場合は
お気軽にご連絡下さい!!

資料請求
携帯販促成功事例
ピーカチカードサンプル
機能一覧
選ばれる理由
携帯販促の失敗と成功
代理店募集
利用ユーサー100万人突破
ピーカチはこれまで培ったノウハウと豊富な携帯販促成功事例を活用し、導入後もしっかりサポート致します。

以下様々な業種・業態でケータイを活用した、メール販促・ポイント販促・クーポン販促・顧客ランク別販促などをご活用頂けます。

グルメ系
┣居酒屋
┣各種レストラン
┣焼肉などの専門店
┣創作料理店 
┣ファーストフード
┗宅配サービス

物販系
┣アパレル
┣スーパー
┣雑貨屋
┣ドラッグストア
┣酒屋
┣本屋
┣通信販売
┗携帯電話販売

その他サービス系
┣美容室
┣エステ
┣ネイルサロン
┣ガソリンスタンド
┣クリーニング
┣レンタルショップ
┣ペットショップ
┣アミューズメント
┣ゲームソフト販売
┣温浴施設
┣住宅・不動産
┣自動車
┣ホテル
┣スキー場
┣専門学校・学習塾
┗各種雑誌媒体

日本全国どこでも利用できます
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 新潟県 石川県 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 福井県 長野県 富山県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

※ピーカチは来店顧客を囲い込みリピート化させることの出来る、利用ユーザー100万人の携帯販促システムです。
資料請求
Officialサービス製品案内イベント情報導入事例会社概要個人情報方針ビジネスパートナーピーカチSNSお問合せ
Copyright© 2006 P+KACHI inc. All rights reserved.